2024年02月19日

「たす、ひく、かける、わる」は中国語で何て言う?


1+1=2

みなさん中国語で言えますか?

日本語では、

いち たす いち は に

中国語では

一 等于 二 【yī jiā yī děng yú èr】

2−1=1

に ひく いち は いち

中国語では

一等于一【èr jiǎn yī děng yú yī】

2×2=4

に かける に は よん

中国語では

二等于四【èr chéng yǐ èr děng yú sì】

4÷2=2

よん わる に は に

中国語では、

除以二等于二【sì chú yǐ èr děng yú èr】


分かりましたでしょうか?


日本語の「たす、ひく、かける、わる」は

加,减,乘(以),除(以)
【jiā , jiǎn , chéng ( yǐ ), chú ( yǐ )】

































ラベル:中国語 文法
posted by リー at 16:48 | TrackBack(0) | 中国語レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月22日

「0」“零”の使い方をマスターして中国語の数字を正しく言おう!


中国語学習者が直面する壁の一つ、

日本語と中国語、数字の読み方には大きな違いが・・

101 日本語では百一ですが、中国語では一百零一【yī bǎi líng yī】

でも逆に85000 八万五千は中国語では八万五【bā wàn wǔ】これだけ・・

中国語の数字をマスターするには「0」の使い方をマスターしなければいけないのです⭐︎


“零”の使い方その①

三桁以上の数字の間に「0」があるときは“零”がいる


例:305 三百零五【sān bǎi líng wǔ】 4035 四千零三十五【sì qiān líng sān shí wǔ】


“零”の使い方その②

「0」がいくつ続いてもは“零”は一つ


例 4005 四千零五【sì qiān líng wǔ】   30005 三万零五【sān wàn líng wǔ】


“零”の使い方その③


各ブロッックの最後に「0」が現れたとき「0」はいらない


40.3500 四十万三千五【sì shí wàn sān qiān wǔ】



まとめましょう


101 一百零一【yī bǎi líng yī】

110 一百一【yī bǎi yī】このとき一百十と言っても🆗

1001 一千零一【yī qiān líng yī】

1010 一千零一十 【yī qiān líng yī shí】

1100 一千一 【yī qiān yī】このとき一千一百と言っても🆗


注:日本語では位の前に一をつけるのは一千からですが,中国語では十からなんです。





posted by リー at 17:26 | TrackBack(0) | 中国語レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これで完璧!中国語「〇〇们」の使い方!


我们

你们

他们

をつけると日本語の「たち」となって複数を表すことは皆さんご存知ですね。


他にも人を表すものであれば

朋友们

孩子们

同事们

などとをつけることができます


ただし、注意!

その前に具体的な数字があるときは、がつけられません!

✖️五个朋友们 ○五个朋友
































ラベル:
posted by リー at 16:29 | TrackBack(0) | 中国語レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月02日

初心者必見!日本語を理解して中国語をマスターしよう!「〇〇をもらいました」中国語でなんて言う?


「友達にクッキーをもらいました。」


あなたなら中国語でなんと言いますか?


答えは簡単!


友達がわたしにクッキーをあげました。

と言えばいいんです。


中国語で言うと、

朋友给我饼干
【péng yǒu gěi wǒ bǐng gān】



友達はわたしにクッキーをあげましたってなんか変ですよね?


実はこれには日本語のある変わったルールが関係しているんです。


日本語は常に自分を中心に物事を述べないといけないルールなんです。


自分を第三者として扱ってはいけないんです。



それが中国語を日本語に直訳するとなにか変?となる原因です。


でもその違いを意識すれば怖いものなし!













































posted by リー at 16:00 | TrackBack(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月20日

「〇〇ように」「〇〇ために」の違いは何?


好きなテレビを見るために早く帰ります。

好きなテレビが見られるように早く帰ります。


「〇〇ように」「〇〇ために」


意味上の違いは、「〇〇ために」の方が意思が強いこと



でも決定的な違いは別のところに!!


「〇〇ように」の前は無意志動詞


「〇〇ために」の前は意思動詞



え??無意志動詞、意思動詞って何?と思いますよね…



最初の二つの例文、もしも

好きなテレビを見るように早く帰ります。

好きなテレビが見られるために早く帰ります。


と言ったらどうですか?


なんだか変ですよね😵


つまりは「〇〇ように」「〇〇ために」〇〇にはいる言葉には決まりがあるということ。


意思動詞には自分の意思でコントロールできること

食べる 見る 行く 言う 書く など 


大体の動詞は意思動詞です



では、無意志動詞とは?

実は可能形はみんな無意志動詞

食べられる 見られる 行ける 書ける など



他にも

花が咲く、時間に間に合う 病気が治る など


自分ではコントロールできないものも無意志動詞です。


花が咲くように
時間に間に合うように
病気が治るように


どうですか?これらは、「ように」をつけるとしっくり来ますよね?


日本人なら自然に使い分けているこの二つの表現、実はこんなルールが隠されていたんですね!























posted by リー at 21:02 | TrackBack(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする